URLリンク形式+9種類の添付ファイルで標的型メール訓練ができる、キット新版リリースのお知らせ

長らくお待たせして申し訳ありません。新版キットリリースキャンペーンのお知らせです!

キャンペーン期間:ご好評につき2018年12月21日(金)まで!

既存ユーザ様対象、乗り換えキャンペーン

標的型攻撃メール対応訓練実施キットユーザ様へ、これまで、キットのバージョンアップについてご要望を頂いていたユーザの皆様には大変お待たせをしてしまいましたが、ようやく新版のキットがリリースとなりました。(詳細は https://kunrenkit.jp/lineup/ をご参照下さい)

このリリースを記念し、既存ユーザ様限定で、期間中にお申し込みいただくと、新版のキットを通常よりもずっとお得な特別価格+スペシャルな特典付きでご提供する『乗り換えキャンペーン』をご用意しました。

犯罪者が繰り出してくる手口はますます巧妙化しています。標的型メールには様々な手口があることを従業員の皆さんに知ってもらうために。
様々な種類の訓練が実施できる、新版キットへの乗り換えのこのチャンスを、ぜひご検討ください。

キャンペーン期間中、お得なキャンペーン価格(特別価格)で新版キットをご提供!!
さらに、キャンペーン特典1として、次年度以降のライセンス更新価格も特別プライスにてご提供!!


新版のキットにつきましては、標的型メール訓練の実施対象が自社のみとなる企業様向けの「単一企業様向けキット」
実施対象が自社だけでなく、グループ会社も対象としたい企業様向けの「グループ企業様向けキット」
自社の顧客や取引先を対象に標的型メール訓練を実施したい企業様向けの「商用事業者様向けキット」の3種類をラインアップ。
また、新版キットで提供される添付ファイル作成ツールのみを欲しいというお客様向けに、添付ファイル作成ツールの単品提供となる「アドバンスツール」をご用意しております。

この機会に、新版キットへの乗り換えをお勧め致しますが、従来のキットをお持ちのお客様で、新版のキットで提供される「添付ファイル作成ツール」さえあればそれでいい。という場合は、「添付ファイル作成ツール」の単品提供となる「アドバンスツール」のみを購入し、従来のキットと組み合わせてお使い頂くこともできます。但し、単品提供のアドバンスツールで作成された添付ファイルは、自社内の標的型メール訓練でのご利用に限定されますのでご注意ください。

新版キットのライセンスの考え方については以下の図の通りとなり、B社を中心として考えた場合、必要となるライセンスは以下の通りとなります。なお、新版のキットでは、従来のキットにありました「追加利用ライセンス」は不要となり、ライセンスで許諾された範囲内で自由に訓練メールを配信頂けます。(※キット自体の貸与・譲渡・ツールのコピーの配布はできません)

※新版キットの種類と詳細については弊社ホームページ https://kunrenkit.jp/lineup/ をご参照下さい。
※上記価格は2018年12月21日(金)までに新版キット購入のお申込みを頂いたお客様が対象となります。12月21日以降にお申込み頂く場合は、一般向けの価格での販売となりますのでご注意下さい。

キャンペーン特典2:貴社の訓練実施結果に対する総評コメントのご提示を無償で実施(1回分)

訓練を実施したのはいいけれど、他社と比べて自社はどうなのか?気になったことはありませんか?また、今実施している訓練のやり方は間違っていないだろうか?なんて不安になったことはありませんか?

本キャンペーンを利用して新版の基本キットに乗り換えて頂いたお客様には、貴社で実施された訓練実施結果を弊社で拝見し、次回の訓練実施に役立つコメントを総評としてご提供するサービスを1回分、無償にてご提供します。

貴社における訓練実施の今後の方向性を検討する材料として是非、お役立てください。

キャンペーン特典3:訓練メール送信用SMTPアカウント(1アカウント)を1年間無償でご提供

※キャンペーン特典3につきましては、従業員数が1,000名以下の企業様限定での特典となります。

訓練メールを送信する際、自社で利用可能なSMTPサーバではセキュリティが厳し過ぎて差出人アドレスが限定されてしまい、訓練の実施パターンが限られてしまっている。なんていうことはありませんか?

本キャンペーンを利用して新版の基本キットに乗り換えて頂いた、従業員数が1,000名以下のお客様には、訓練メール送信用のSMTPアカウントを1つ、1年間無償でご提供します。弊社で保有している訓練用ドメインを用いた訓練メールも送信できますので、バリエーションのある訓練の実施に是非、お役立てください。

新版キットの特徴について簡単にご説明します!


現在お使い頂いているキットと、新版のキットの違いは、大きくは次の5点です。

  1. 作成できる添付ファイルのパターンが増え、PDFやExcelなどの訓練用ファイルも作れるようになりました。
  2. 添付ファイルの生成スピードが大幅にアップしました。
  3. emlファイルを変換しなくても開封者情報の集計ができるようになりました。
  4. 従業員の皆様に興味を持って学んでもらえるよう、教育用コンテンツに漫画を採用しました。
  5. 買い切り型から年間ライセンス制になりました。

新版のキットを買い切り型から、年間ライセンス制にした理由、それは、安心できる充実したサポートを提供して欲しい、また、より様々な、そして、高度な訓練を実施できるツールを提供して欲しいというお客様のニーズにお応えするためです。

お客様の中には、保守費用の設定がない事から、気兼ねしてしまって質問しづらいと感じられている方、また、困った時にはタイムリーにちゃんとサポートしてもらえるのか?と不安に思われている方もいらっしゃるかと思います。実際にお客様とお話をさせて頂く中で、そうした声を頂戴したこともあります。

訓練を実施する目的は、従業員のセキュリティに関する知識と意識の向上です。内容はともかく、とにかく安く訓練を実施できればそれでよい。という考えでは、単に訓練というイベントをやったという事実が残るだけで、従業員の方はというと、肝心な事は何一つ身についていない。という結果になりがちです。

キットを活用されているお客様の多くは、自社が成長することを強く望むお客様であり、こうしたお客様からのご要望にタイムリーにお応えしていくためにも、年間ライセンス制という形を取ることが望ましいという結論に至りました。

新版のキットは従来のように買い切り型ではありませんが、それでも、価格は他社のサービスと比べてもかなりリーズナブルであることがご理解いただけると思います。また、「自社の成長」という価値を考えれば、コストパフォーマンスに優れていると感じて頂けるものと思います。

この機会に新版のキットに切替えて頂き、貴社の訓練をさらに充実したものにしませんか?


新版のキットでは、10種類(Excel、Word、PowerPoint、PDF、CSV、iqy、wiz、bat、JScript、VBScript)の添付ファイルが作成できるようになりました。

特にご要望が多かったのがPDFとExcelですが、それ以外にも、最近、手口として使われた事が報道されたiqyファイルやCSVファイルなども作成できますので、より実例に即した訓練を実施することができます。

日経クロステック記事:覆された常識、CSVファイルでウイルス感染
トレンドマイクロセキュリティブログ:拡張子”.iqy”のファイルとは?1 日でメール 29 万通が日本国内に拡散
トレンドマイクロセキュリティブログ:マウスオーバとマクロを利用、PowerPoint文書閲覧時に感染させる攻撃手法に注意

なお、作成できる添付ファイルは現時点では10種類ですが、今後、SVGファイルなど、更に追加していくことを予定していますので、様々なパターンで訓練を実施することができます。

攻撃者は私たちの意識の裏をかこうと、様々な手口を繰り出してきます。毎回決まりきったパターンで訓練を実施していては、従業員に誤った認識を与えかねません。攻撃の手口には本当に色々なものがあるんだ。ということを知ってもらうためにも、様々なパターンを実際に目で見て、体験してもらうような訓練を実施されることをお奨めします。


従来のキットに付属しているWord文書ファイル作成ツールでは、Webビーコンを埋め込んだWord文書ファイルを作成するのに、それなりの時間が必要でした。このため、パソコンのスペックにもよりますが、数百以上のファイルを作成するような場合は数時間もの時間がかかってしまい、お客様によっては、丸1日以上パソコンが占有されてしまうことから、休日出勤を余儀なくされてしまった。という方もいらっしゃるかもしれません。

新版のキットでは添付ファイル作成のロジックをイチから見直し、Excelツールではなく、Windowsデスクトップアプリケーションとしてツールを新たに作成した結果、添付ファイルの作成スピードが大幅に改善されました。

数百を超えるファイルを作成するような場合でも、もう丸1日パソコンが占有されてしまう。というようなことはありません。


数年前と異なり、昨今では標的型メール訓練の実施に慣れてきた企業様も増えてきました。こうした企業様にとって課題となるのは「訓練のマンネリ化」です。

また、もともとセキュリティに興味や関心がない従業員の方は、文字中心の教育用資料を提示されても、さっと目を通すだけで読み捨ててしまい、肝心のことは何一つ学んでくれない。といった結果になりがちです。

こうした課題を解決するため、新版のキットでは、従業員教育用資料にも注力を図っています。その一つの方法が、教育用資料へのマンガの採用です。プロが作成したマンガは、文字ばかりの資料よりも断然、従業員の興味を引くことはもちろんですが、マンガの強力な表現力は、従業員に大事なことを伝え、記憶に残すことに大いに役立ちます。

新版キットではマンガ版の教育用資料を2種類付属していますが、資料は毎年、新たなものを作成していきますので、マンガ版の教育資料を見るだけでも、従業員の皆様には楽しみの一つとして捉えて頂けるはずです。

やらされ感を感じるツマラナイ訓練から、今度はいつやるんだろう?とワクワクしてもらえる訓練へ。訓練の成果を実感してもらえるよう、新版キットでは、従業員教育用資料にも注力して参ります。


従来のキットでは開封者情報を集計するのに、emlファイルを開封者情報集計ツールで集計できるデータに変換してツールにコピー&ペーストする手間が必要でしたが、新版のキットではemlファイルの変換機能を開封者情報集計ツールに統合し、コピー&ペーストする手間を不要にするなどの改良を行いました。

また、aptkit.phpにテキストファイルへの出力機能を追加することで、aptkit.aspx、aptkit.phpのどちらをお使いの場合でも、Webサーバ上に出力された開封者情報データを直接「開封者情報集計ツール」に取り込み、一発で集計結果が得られるようになり、開封者情報集計の作業がよりやりやすくなりました。


キットに付属のツールやコンテンツについては、時と共に移り変わってゆく攻撃手法に合わせ、随時更新していくことを予定しています。例えば、以下は予定されている対応の一例ですが、以下以外にも、皆様から寄せられるご要望にも随時対応して参ります。

・作成できる添付ファイルの種類に「SVG形式」を追加
・ExcelやWordの文書テンプレートも随時追加
・キットに付属のメール一括送信ツールをTLS接続対応に
・マンガ版教育用コンテンツの新作を追加
・ログインIDとパスワードの奪取を謀るフィッシングメールに騙されないようにする訓練を実施可能に

標的型メール訓練は毎年実施すべきものだからこそ「飽きられない」「マンネリ化しない」「時代遅れにならない」、そんな対応が必要です。
キットは御社がこうした状況に陥らないために、ツールやコンテンツを随時更新していくことで、御社における訓練実施をサポートして参ります。

基本キットとアドバンスドツールの違いについて

新版キットでは9種類(Excel、Word、PowerPoint、PDF、CSV、iqy、bat、JScript、VBScript)の添付ファイルが作成できますが、「基本キット」に付属の添付ファイル作成ツールではファイルの内容については固定となり、お客様側でご用意頂いたファイルを元に添付ファイルを作成することはできません。

また、「基本キット」に付属の添付ファイル生成ツールで生成できるファイル数は1,000までとなっているため、訓練実施対象者数が1,000を超えるような場合も、「基本キット」では対応ができません。

しかしながら、お客様によっては訓練実施対象者が1,000名を超えたり、自社で使用している業務文書ファイルを、模擬のマルウェアファイルとして訓練メールに添付したいというケースもあるかと思います。このようなニーズに対応するため、任意のファイルを元に添付ファイルを作成できる「アドバンスドツール」をご用意しています。

既存キットをお使いのお客様の場合は、既に訓練メール一括送信ツールをお持ちですので、基本キットに付属の従業員教育用コンテンツなどは要らないけれど、ExcelやPDFなどの添付ファイルが作成できればそれで十分。ということでしたら、アドバンスドツールのみを、既存キットと組み合わせてお使い頂くことも可能です。

新版キットリリースに伴い、既存キットの機能は現状のままとなります。

新版キットのリリースに伴い、新機能の追加や、新しい手口への対応などの改善は新版キットが対象となり、買い切り型の従来キットについては、現在、お使い頂いている機能のままとなります。

今の機能で十分。というお客様は、そのままお使い頂ければと思いますが、より充実した訓練を実施していきたい、もっと訓練実施の成果を上げていきたい。様々なパターンで訓練を実施していきたい。とお考えのお客様は、是非、新版キットへの切り替えをご検討ください。

お客様の中には、現状実施しているのはURLリンククリック型だけだから、新版キットにはあまり興味を感じない。というお客様もいらっしゃるかもしれません。

自社で標的型メール訓練を実施するようになったのが最近のことで、今はまだURLリンククリック型での訓練を通じて、標的型メールについて学んでもらうだけで精一杯。という組織であれば、当面はURLリンククリック型だけでも十分かもしれません。

しかしながら、犯罪者はターゲットにマルウェアを感染させることが大きな利益に繋がることから、如何にしてメールの受け取り手を騙すか?に、日々真剣に取り組んでいます。

にもかかわらず、攻撃を受ける側の私たちが、毎年、同じようなパターンで訓練を実施し、訓練をやったような気になっていて良いのでしょうか?

攻撃の手口はURLリンクをクリックさせることばかりではありません。毎回、URLリンククリック型の訓練ばかりをやっていては、従業員は「怪しいリンクさえクリックしなければいいんでしょ」といった誤った認識を持ってしまいかねません。

そうした誤った認識を身につけたままの状態で起こることは、

「まさか、怪しいファイルだなんて全く思いもしなかった」

という話です。人は知っている事には敏感に反応しても、知らない事には無頓着になってしまいがちです。知ってさえいれば、すぐに危険だと気づくような添付ファイルも、全く知識がなければ、まさか危険なファイルだとは思いもしません。

犯罪者はこうした心理の隙を突こうと、日々、真剣に研究しています。こうした犯罪者たちの格好の餌食にされないためには、攻撃を受ける側の私たちも、心理の隙を突かれないよう、攻撃には様々な手口があること、また、犯罪者たちが私たちの認識の裏をかこうとしていることを、従業員に真剣に伝える努力をするべきです。

形式はともあれ、訓練をやりさえすれば、それで被害に遭う確率を減らせる。という話ではない。ということなんですが、この文章を読まれているあなたなら、きっと、この点は十分ご理解いただけるものと思います。

お客様の中には、予算を気にして、とにかく安く訓練を実施することを第一に考えてしまう方がいらっしゃいます。しかしながら、訓練を実施する目的は、訓練を実施する事そのものではなく、訓練を実施した結果、会社全体が何かしらの成長に繋がることであるはずです。

従業員一人一人が標的型メールに騙されないようにすることももちろんですが、それ以外にも、セキュリティの重要性に気づいてもらえたり、取引先から信頼を得られたりするなど、標的型メール訓練を実施することによって得られる成果は様々です。

こうした成果を上げるためには、従業員が興味を持って研修に取り組んでもらえるようにするなどの工夫が必要です。その点、マンガを活用した教育用資料は高い効果が得られるとして、今や教育分野では多く取り入れられつつありますが、マンガを活用した教育用資料を自社単独で作成するとなると、かなりの予算が必要となり、予算が潤沢でない中小企業ではおいそれと作れるものではないでしょう。

しかし、キットを利用すれば、マンガ版の教育用資料を使った研修も自社で実施ができます。これだけでも、新版キットのコストパフォーマンスは相当に高いことが実感頂けるはずです。そして、従業員が興味を持って取り組んでくれるような研修を企画すれば、あなたの社内での評価もグッ!と上がるはずです。


買い切り型の従来キットと新版キットを比べると、年間ライセンス制の新版キットは「高いなあ」と思われるかもしれません。しかし考えてみて下さい、訓練を実施することによって御社が成長し、御社の従業員一人一人が身につけることになる知識や経験には、一体幾らの価値があると考えられるでしょうか?

もし、あなたが、新版キットは高い。と感じられたなら、標的型メール訓練を実施することによって御社が得られる価値を具体的な金額に換算してみてください。恐らくその価値は、新版キットの価格より安い価値しかない。ということはして決してないはずです。

また、キットを使って実施できる訓練の内容と同様の訓練を業者に委託したら幾らの見積もりになるのか?実際に業者から見積もりを取ってみて下さい。業者によって違いはあれど、恐らく、キットの価格の3~10倍以上の見積金額を提示されるはずです。

他社サービスと比べても十分にリーズナブルと言えるキットを活用して、「御社従業員の成長」という、キットの価格よりも断然高い価値を得る。そう考えれば、新版キットも、投資する価値が十分にあると感じて頂けるものと思います。

何はともあれ新版キットの評価版をお試しください!


新版キットについてあれこれ説明を聞かされても、それだけでは、そうそうピン!とくるものではないですよね。そこで、新版キットでは実際に使い勝手などを試していただけるよう、基本キットの評価版をご用意しています。

評価版で作成できる添付ファイルの数は10ファイルまでといった制限はありますが、新版キットが貴社でもお使い頂けるかどうかの評価は十分に実施頂けます。キャンペーン期間終了まではまだ時間もありますので、まずは新版キット評価版をお試し頂き、新版キットに乗り換えるかどうか、じっくりご検討ください。

評価版は個別にご案内しているダウンロード用URLからダウンロード頂くか、以下のフォームよりお申し込みください。

必須入力
評価版のダウンロード用URLのご連絡先メールアドレス

企業・団体名  
所属部署名  
ご担当者様名  
確認事項 貴社のネット環境はファイルストレージサービスへのアクセスが禁止されている環境ですか?
お問い合わせ事項・ご連絡事項
任意入力
個人情報の取扱いについて
縁マーケティング研究所では、取得した個人情報を弊社が定める「個人情報の取扱いについて」にしたがって適正に管理します。 個人情報に関する取扱いにご同意いただく場合は下のボックスにチェックしてください。

※「送信する」ボタン押下後、Thank youページにジャンプしない場合は、必須項目が未入力か、メールアドレスが全角で入力されているなどの誤りがあるかのどちらかですので、ご入力いただいた内容をご確認ください。
※上記フォームがご利用になれない場合は、お手数ですが、ask@kunrenkit.jp宛にメールをお送りください。
※弊社プライバシーポリシーに関するご説明はこちらのページをご参照ください。

新版キットへの乗り換えに関するご質問にお答えします!

Q.弊社では関連会社用のライセンスとして、キットの「追加利用ライセンス」を購入済みですが、この場合は「単一企業様用 基本キット」のみを購入すればよいのでしょうか?

A.従来のキットで販売していた「追加利用ライセンス」につきましては、従来のキットで作成した訓練メールを用いて、他社を対象に標的型メール訓練を実施するためのライセンスとなりますので、新版キットに対しては適用することができません。新版キットを用いて、他社を対象に標的型メール訓練を実施される場合は、グループ企業様向けもしくは、商用利用者向けのライセンスの購入をご検討下さい。


Q.新版キットのリリースに伴い、「追加利用ライセンス」は使えなくなるのでしょうか?
A.従来のキットをお使い頂く限り、「追加利用ライセンス」もそのままお使い頂けます。引き続き、従来のキットを用いて訓練を実施されるお客様で、新たに「追加利用ライセンス」が必要となる場合には、従来通り「追加利用ライセンス」を販売致しますので、ask@kunrenkit.jp宛までお申し出ください。


Q.新版キットのリリースに伴い、現在保有しているキットのサポートはどうなるのでしょうか?
A.従来のキットにつきましても、引き続きサポートをご提供致しますのでご安心ください。但し、対応の優先度は年間ライセンス制となります新版キットの方が上となります。また、既存キットにつきましては、Excelのバージョンアップ対応を除き、今後、新機能の追加はございませんので、できますれば、新版キットへの乗り換えをお勧め致します。


Q.従来のキットではPDF等の添付ファイル作成には対応してもらえないのでしょうか? 
A.誠に申し訳ございませんが、従来のキットで提供される機能につきましては現状のままとなり、PDF等、新しい形式への対応はございません。新版キットへの乗り換えをご検討ください。


Q.新版キット用いて他社を対象に訓練を実施する場合は「商用事業者向け 基本キット」を購入するしか選択肢が無いのでしょうか? 
A.事業として他社を対象に標的型メール訓練を実施される場合は、「商用事業者向け 基本キット」の年間ライセンスを購入頂ければ、他社を対象に無制限に訓練サービスの提供が可能になりますが、ごく限られた数の顧客しか対象としない。というような場合には、訓練実施対象の顧客の数分だけ「単一企業様用 基本キット」を購入し、その顧客に代わって訓練実施作業を代行する。という選択肢もあります。


ご連絡先メールアドレス 必須入力

(ご返信先のメールアドレスを入力願います)

お問い合わせの内容

ページの先頭へ